株式投資

日経平均が大幅安

日経平均は909.75円の下落

こんばんは!管理人かずです。

昼頃までは株価を見る時間があって、見るたびに下落幅が大きくなってるなぁと思ってたんですが、仕事が終わって株価を見てみたらびっくり。

米国の金利上昇を受けてハイテク株が売られ10日のナスダックは2%安となり、その流れを引き継いだという事ですが、1,000円近い下げはインパクトがありますね。

5月11日の22時25分時点では日経225先物が380円の下落と下げ止まっていませんが、明日はどうなるやら。

とりえあずはこの後の米国市場にも注目したいと思います。

保有株は2%の下落

日経平均、東証マザーズ共に大幅安となり、私の保有株は2%安となりました。ただ、ちょうど決算を迎えた銘柄が上昇してくれたり、左程影響が出なかった銘柄がちょこちょこあったので、精神的にはまだ楽です。

明日の日経平均の動向も気になりますが、併せて私の保有株は今週が決算ラッシュですので、下方修正が出るようであればすぐに対応出来るよう備えておきたいと思います。

今後の投資について

米国では去年のような規模の金融緩和等は難しいと思いますので、この調整はまだ続きそうだと思います。

株価が下落したらすぐに買い増しはせずに、しばらくは手元資金を厚くして様子見をしたいと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。