マイカーローンをほったらかしにしてるなんてもったいない!!かも。

車を買う時、ディーラーローンが非常に便利です。ただその反面金利が高めな事が多く、銀行ローンの方が安いケースが多いです。

もしあなたが既にディーラーローンを組んでいたとしても、銀行ローンへの借り直し、いわゆる借り換えをすれば支払う返済額が安くなるかもしれません。

借り換えのメリット

大まかなメリットとしては3つあると考えます。

1、金利が安くなる。
2、車が自分のものになる。
3、期間を再設定できる

1、金利が安くなる

これはそのままですね。
ディーラーローンでも実質年率が1.00%台のものもありますが、僕がお客さんが組んでるディーラーローンを見ると5~6%くらいのものが多いです。
これに対して、銀行だと1~3%くらいのものが多いです。

例えば残りが200万円、返済期間5年の場合だと、こんな感じです。

5%の場合 月々37,742円 総支払利息264,520円
2%の場合 月々35,055円 総支払利息103,300円

この差が大きいと感じるか小さいと感じるかは人それぞれだと思いますが、少しの手間で10万円以上得するのならやってみる価値はあるのではないでしょうか

2、車が自分のものになる

ディーラーでローンを組むと、ローンを完済するまでは車の所有権は車屋さんのものになります。
といっても車を売る時くらいしか影響はないので大した問題じゃないと思いますが、銀行で組むと所有権は車を買った人のものになるので、自由に売れるというメリットがあります。

車が好きな人、たくさん乗り換えたい人なんかは魅力的かもしれません。

3、期間を再設定できる

これは銀行によると思いますが、取り組み期間の条件が以下のようなケースがあります。

10年まで。但し借り換えの場合は既に返済した期間を引いた期間を最長とする

例えば2年返済していた場合、10年-2年で8年が最長になるという事です。
これは、今5年で組んでいて残りが3年だったとしても、8年まで伸ばせるという事なので、今の返済額が多いなぁっていう人には大きいメリットだと思います。

但し!期間が延びるという事は、それだけ支払う金利も増えるという事に注意して下さいね。

借り換えのデメリット

これに関しては借り換えにかかる費用が一番です。
銀行によっては保証料というローン会社へ支払う費用が余分にかかるケースもあります。

また、借入書類は法律で定められた文書にあたりますので、通常1,000~2,000円程度の印紙代がかかります。

また、残価設定型、いわゆる残クレの場合、同じ期間だと間違いなく返済額が増えますので、期間を延ばすなどの工夫が必要です。

この辺は銀行の担当者の方に相談するとメリットが出るかを予めはじき出してくれると思いますので、納得いくまで聞いてみる方がいいと思います。

車の借り換えって面倒なんじゃないの?

実際に借り換えするにはどういう流れになるのでしょうか?

1、仮審査を申し込む
2、仮審査でOKが出たら本審査を申し込む
3、銀行がディーラーローンへ振り込んで完済手続きをとる
4、完済しましたよという通知、手紙が届く

こんな感じです。

実際に動かないといけないのは1,2の時です。
ただ、最近はネットで申し込みが出来るところも増えています。
審査も2日程度で出るところも多く、取り組みしてみると意外と簡単に出来る印象を受けると思います。

ちなみに書類は返済予定表、引き落とし口座のコピー、源泉徴収票なんかが必要だったりするので、それなりの手間はかかります。

まとめ

よっぽど安いディーラーローンでない限りは、基本的に銀行ローンへ借り換えする事をおすすめします。
但し、借り換えをしたけど費用分だけ支払い額が増えた!なんていう事になれば元も子もありませんから、納得いくまで調べたり相談してから取り組むようにしましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください